サントリーニ島に飛行機で出来るだけ安くいく方法を探ってみる

旅行TIPS
スポンサーリンク

サントリーニ島、行ってきました。そしてまた行きたい!でも遠い…。いつかまた行ける日を夢見てどうすれば安く行けるかスカイスキャナーで色々と試してみました。

サントリーニ島へ安くいく方法を探ってみる

サントリーニ島、行ってきましたよ。そして出た結論。また行きたい!はっきり言って写真ではあの良さは伝わりません。もう一度言います。写真では伝わりません!比較的安全でのんびりできる島。なにげに地学的にも興味深い所です。でも簡単にはいけません。

最安での航空券や選択肢の有無を調べるにはスカイスキャナーで検索するのが最も便利です。今回も利用して色々と探ってみたいと思います。

航空券を探す際に立ちはだかる壁

サントリーニ島へ行こうと思うと立ちはだかる壁とは?

  • とにかく遠い
  • 乗り継ぎが多くなりがち
  • 値段も高くなりがち
  • 通しの航空券が入手しづらい

ギリシャ自体日本からの直行便がありません。必然的に2回は乗り換える事に。乗換を1回で済まそうとするとお値段がぐんと上がります。

通常航空券は通しで買うのが普通だと思います。そうする事で受託手荷物を預けっぱなしにできたり、遅延や運休への対応もスムーズに行きやすいものです。

ですが、サントリーニ空港(JTR)を最終目的地に設定するとそもそも候補があまり挙がってきません。成田(NRT)や羽田(HND)発ならまだしも、僕の利用する中部国際空港(NGO)だと選択肢が激減。

ひとまずスカイスキャナーで来年の6月1週目を中部国際空港⇔サントリーニ空港で検索。6月=ジューンブライド=サントリーニ島という流れで。

 

下の画像が結果です。太文字の価格が一人往復の値段。これでも一応最安値TOP3。

値段・所要時間・乗り継ぎ回数のどれかが非現実的な数字となりました。(価格は記事執筆時のものです。常に変化しますので参考程度にとどめてください)

途中の経由地までと、経由地からサントリーニ空港までを分けて探ってみる

では経由地で区切ってはどうでしょうか?次の2通りで検索してみます。

  1. 中部国際空港(NGO)⇔アテネ空港(ATH)
  2. アテネ空港(ATH)⇔サントリーニ空港(JTR)

加味しなければならない要素

  • 値段
  • 取扱いが航空会社か、旅行代理店か
  • 所要時間と乗り継ぎ回数
  • アテネに到着する時間(乗り継ぎは容易か?)

中部国際空港(NGO)⇔アテネ空港(ATH)

検索してみたところ、エティハド航空の便が現実的でした。時間、値段、到着時間、そしてエティハド航空から直接購入できます。

アテネ空港(ATH)⇔サントリーニ空港(JTR)

次はサントリーニ行きです。ライアンエアーで1万円を切るものがありましたが、早朝と深夜初しかなかったのでパス。現実的な線としてオリンピック航空のものを選んでみました。

もちろん5:00は現実的ではありませんので、詳細をタップしオリンピック航空へ遷移します。

すると、5:00以降の選択肢がズラリと出てきました。下の画像はOUTBOUND(往路)分の価格です。

このようにして一覧の中から選べますので便利ですね。旅行代理店のWEB経由だとこのような細かな選択ができにくいため、出来れば航空会社から直接購入したいところです。

上記結果をもとにためしに組んでみた

表の略語は次の通りです。

  • セントレア→中部国際空港(NGO)
  • アブダビ→アブダビ国際空港(AUH)
  • アテネ→アテネ国際空港(ATH)
  • サントリーニ→ティラ国際空港(JTR)

OUTBOUND(往路)

空港 発着(フライト時間) 航空会社・便、メモ
セントレア 21:45発 エティハド航空・EY889便
↓(12時間5分) 途中北京で経由あり
アブダビ 6:10着
乗り継ぎ3時間20分
アブダビ 9:30発 エティハド航空・EY91便
↓(5時間)
アテネ 13:30着
乗り継ぎ3時間45分
アテネ 17:15発 オリンピック航空・OA358便
↓(45分)
サントリーニ 18:00着

INBOUND(復路)

空港 発着(フライト時間) 航空会社・便、メモ
サントリーニ 8:35発 オリンピック航空・OA353便
↓(45分)
アテネ 9:20着
乗り継ぎ5時間30分
アテネ 14:50発 エティハド航空・EY90便
↓(4時間40分)
アブダビ 20:30着
乗り継ぎ1時間
アブダビ 21:30発 エティハド航空・EY888便
↓(10時間20分) 途中北京で経由あり
セントレア 13:50着

お値段は?

  • 中部国際空港~アテネ国際空港間:¥100,310円
  • アテネ国際空港~サントリーニ空港:¥25,214円(€201.71)

往復ひとり12万5000円程度となりました。ちょっと高いですが、時間帯を見直せばもう少し安くなるかも。今回プランですと、ちょうどよい時間帯にそれぞれ到着できます。また待ち時間もある程度余裕を持って組みました。サマータイムの始まったハイシーズンのサントリーニ島は日の入り時刻は遅め。夜の20:30でも夕焼けのような感じです。なので遅めに島に到着しても日の入りは見られますね。なお上記計算はあくまでサンプルです。価格は購入時期によって常に変化します。大体のイメージとしてとらえてください。

その他工夫出来る事

アテネ空港には有料の荷物預かり所があります。サントリーニには機内持込手荷物のみで向かう事で料金を浮かせることが出来ますね。日本~アテネ間とアテネ~サントリーニ間の航空券を分けて購入すればこの技が使えます。また、一旦アテネで滞在した後、サントリーニに行くのも手です。そうすればアテネに到着する時間ももっと融通をきかせられるかもしれません。

 

特に注意したい点:乗り継ぎの時間は多めに見積もる 
アテネ空港は公式サイトのマップで見ると狭そうに感じますが実際にはかなり広いです。また、ハイシーズンのサントリーニ空港はもの凄く混みます。移動すらままならず、待ち時間を階段に座ってやり過ごす人がいるほど。ホテルの人も時間の余裕を持った早めの行動をすすめていました。

まとめ 旅行に向けて試行錯誤してみよう。それ自体が楽しいよ

今回はいつになるかわからないサントリーニ行きの旅程を妄想の中で組んでみました(笑)さながら時刻表を眺めながらあ~でもない、こ~でもないとプランを立てるようなもの。それ自体楽しいですよね。スカイスキャナーにはそのほかにも最安値の時期から選んだり、行きたい場所から選んだりなど様々な検索方法が出来ます。色々と試してみるのも良いかもしれません。

コメント