軽い!サムソナイト2Kg以下の機内持ち込みスーツケース比較(コスモライト/ライトショック/ネオパルス)

旅行TIPS

スカイスキャナー

【2019/11/8更新:円高ユーロ安で値下がり傾向!】2Kg以下のとにかく軽い機内持ち込みサイズのスーツケースに限定し比較検討してみました。CosmoLite3.0(コスモライト3.0)とLite-Shock(ライトショック)、比較対象として2Kg前半のsamsonite(サムソナイト)のNeopluse(ネオパルス)、の3択です。今回は自分用を購入予定ですので真剣に比較してみました。←Neopulseを買いました。

(2019/9/9追記)Nopulseがマイナーバージョンアップしました。Neopulse Life Styleを追加して4択で比べてみます。

軽いは正義!2Kg以下の機内持ち込みスーツケースを真剣に比較

スーツケースで重要視しているのはとにかく軽い事。機内持ち込みの場合は特に軽いという事がアドバンテージになります。

なぜ軽いものが必要か?持ち込み制限7Kgでは、自重+あとちょっとしか入れられない

大抵のLCCの場合国内線で7Kgまでとなっています。少しでもオーバーすると追加料金を取られかねません。※2019/2月現在:ジェットスター、バニラエア、ピーチ。

安価なスーツケースはそれ自体が3Kg以上あります。つまり、残り3Kg~しか入れられません。また軽ければ軽いほど本体のホイールにかかる負担は軽減できますし、持つときの負担もそれだけ減ることと思います。

軽いは正義!出来るだけ軽いスーツケースを探してみました。比較対象として一応2Kg前半まで含めてのサーチです。

  • 2.5Kg以下
  • ハードタイプ
  • 機内持ち込みサイズ
  • 容量35L以上
  • 実勢価格2万円台

 

重さ・容量を比較する時には、500ml,1L,2Lのペットボトルの水をイメージすると良いでしょう。

候補としてサムソナイトのスピナー55(55cmサイズ)がヒット

サムソナイト(Samsonite)のラインナップに機内持ち込み・55cmサイズのものがありました。いずれもシリーズ名+スピナー55(Spinner55)というモデル名となっています。

  • コスモライト3.0スピナー55(CosmoLite3.0 Spinner55)
  • ライトショックスピナー55(Lite-Shock Spinner55)
  • ネオパルススピナー55(Neopulse Spinner55)
  • ネオパルスライフスタイルスピナー55(Neopulse Life Style Spinner55)

 

サムソナイト コスモライト3.0スピナー55(Samsonite CosmoLite3.0 Spinner55)

特記ポイント

  • 重量わずか1.7Kg
  • Curv(カーブ)という特許素材が使われている
  • 変形しても元に戻せる復元力
  • T型ハンドル

コスモライトの特徴は何といっても圧倒的な軽さです。なんと1.7kgしかありません。サムソナイト公式サイトでは、”指一本で持ち上げられる”とまでうたわれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

Curv(カーヴ)とは?

ポリプロピレンシートが幾重にも重ねられた構造を持ち、日常環境下だけではなく極度の低温下においても衝撃や歪みといった圧力に対し優れた耐性を発揮します。

どうやらポリプロピレンを使ったFRPのような構造のようでした。このCurv素材を使ったスーツケースはつぶれても再び復元させることが出来るという驚きのつくりとなっています。軽さもさることながら、この素材のおかげで「割れる」といったアクシデントからほぼ解放されることになりそうですね。YouTubeには車にひかせてそれを復元するというトンデモデモンストレーションがアップされています。

【5%還元】【あす楽】【1年保証】サムソナイト samsonite スーツケース 36l 軽量 コスモライト3.0 スピナー 55cm 73349 cosmolite 3.0 spinner 55/20 キャリーバッグ

サムソナイト ライトショックスピナー55(Samsonite Lite-Shock Spinner55)

Curv素材使用モデルの最軽量をうたうのがこのライトショックシリーズです。基本的には上記コスモライト3.0シリーズと同じようなスペックとなっています。

特記ポイント

  • 重量わずか1.7Kg
  • Curv(カーブ)という特許素材が使われている
  • 変形しても元に戻せる復元力
  • T型ハンドル

 

 

 

 

 

 

 

 

機内持ち込みサイズの場合、コスモライト3.0とライトショックの違いはシェル模様(タテ波模様)か、それとも波模様(ヨコ波模様)かの違い位しか見当たりません。しいて言えばホイール周りのデザインが違います。値段的にはコスモライト3.0の方が若干高い程度です。

さらに上のサイズですと、このコスモライト3.0よりもライトショックの方が若干軽いようです。

【5%還元】【あす楽】【1年保証】サムソナイト samsonite ライトショック スピナー 36l 55cm 軽量 スーツケース 62764 lite shock spinner 55/20 キャリーバッグ 4輪 キャリー

サムソナイト ネオパルススピナー55(Samsonite Neopulse Spinner55)

。今回取り上げた中で唯一のヨーロッパモデルです。公式オンラインショップでは入手できず、並行輸入品に頼らざるを得ません。(過去に限定発売で扱われたことはあったようです。)こちらは2kgを超えてしまうのですが、比較対象として含めています

特記ポイント

    • 重さ2.2Kg
    • ダブルホイール
    • ダブルハンドル
    • ポリカーボネート製
  • 容量3.8Lと大容量


ネオパルススピナーにはブラック&ホワイトのマットカラーバージョンがあります。画像は楽天からお借りしていますが、ネオパルスシリーズだけ画像のスペルが間違っていますね。

【5%還元】【あす楽】【1年保証】サムソナイト samsonite スーツケース 38l 軽量 ネオパルス スピナー 55cm 機内持ち込み 65752 neopulse spinner 55/20

サムソナイト ネオパルス ライフスタイルスピナー55(Samsonite Neopulse LifeStyle Spinner55)

Neopulseシリーズに新色登場!LifeStyleという名前を含んでいますので厳密にはバージョンアップのようですが、諸元にはほとんど変化がありませんのでマイナーバージョンアップ&新色追加という位置づけのように感じます。

特記ポイント

    • 重さ2.2Kg
    • ダブルホイール
    • ダブルハンドル
    • ポリカーボネート製
  • 容量3.8Lと大容量

サムソナイトネオパルスライフスタイルスピナー55cm 38L

すでにネオパルススピナーを買ってしまいましたが、悔しい事にこちらのモデル、マイナーチェンジなくせになんと安いんです…。でもマットホワイトが気に入っていますので良しとしましょう。

 

4モデルの諸元を比較してみる

①Cosmolite3.0 ②Lite-Shock ③Neopulse(④NeopulseLifeStyle)
サイズ(H×W×D) 55×40×20cm 55×40×20cm 55×40×20cm
主な素材 Curv(カーヴ) Curv(カーヴ) ポリカーボネート
容量 36L 36L 38L(同)
重量 1.7Kg 1.7Kg 2.2Kg(同)
キャスター 4輪シングル 4輪シングル 4輪ダブル(同)
ハンドル T字モノチューブ T字モノチューブ ダブルチューブ(同)
TSAロック 〇ダイヤル式 〇ダイヤル式 〇ダイヤル式(同)
公式オンラインショップ価格 \64,800 \60,480 N/A(ヨーロッパモデル)
楽天(並行輸入品) 2万円台半ば 2万円台半ば 2万円前後(1万円台後半)

Curv素材のモデルはほぼ同額といっていいレベルです。それに対しネオパルスの実勢価格は5000円ほど安い設定なっています。またネオパルスライフスタイルに至っては2万円を切る値段で出ています。

2019/11/8追記:円高のせいでしょうか。全体的に値段が下がっています。

 

 

 

ハンドルを比較してみる

CosmoLite3.0

LiteShock

NeoPulse

NeoPulse Life Style

剛性的にはどうなんでしょうか。T字一本だからといって弱いという事はないと思いますが、方向転換しようとした時にダブルの方が追従力の点で優っていそうなイメージです。好みの問題かもしれません。

ホイールを比較してみる

 

CosmoLite3.0

Lite-Shock

NeoPulse


NeoPulse Lyfe Style

ダブルホイールの方が動き、強度共によさそうなイメージですが、実際に使ってみないと何とも言えませんね。

55㎝以上のシリーズ一覧早見表

3種類とも55cm~81cmまで計4種のサイズがラインナップしています。並行輸入品ですので価格は定期的に変わるようです。下のリンクはすべて楽天です。

 

Cosmolite3.0 Lite-shock Neopulse NeoPulse LifeStyle
スピナー55 スピナー55 スピナー55 ネオパルス ライフスタイル スピナー55cm
スピナー69 スピナー69 スピナー69 ネオパルス ライフスタイル スピナー 69cm
スピナー75 スピナー75 スピナー75 ネオパルス ライフスタイル スピナー 75cm
スピナー81 スピナー81 スピナー81 ネオパルス ライフスタイル スピナー 81cm

まとめ 2万円台という価格は軽さを求める人には妥当な線と言えそう

  • 究極の軽さを取るか、強度と容量のバランスを取るか

結局はそれにつきそうです。機内持ち込みサイズのスーツケースは安いものですと1万円以下で購入できますが、どうしても重かったりします。一度買ったらしばらく使うものですのである程度しっかりとした物を選ぶというのも悪くないのではないかと思います。

今回取り上げた4種はいずれも並行輸入品が入手できます。その場合メーカー保証がききませんので自己責任での選択となりますが、サムソナイトが2万円台で手に入るというのは大変魅力的です。

(2019/3/19追記)熟慮した結果、neopulse spinner55 を購入しました。2kgは超えますが、バランスを考えるとベストバイかと思います。

とにかくマットホワイト&レッドカッコいい!

(2019/9/9追記)Neopulse にLifestyleシリーズが加わりさらに値段も下がりました。円高のせい?カラーが気に入るようならばかなりお得かもしれませんね。もっとも僕はマットホワイトが気に入っていますので別に気にしませんが(強がり)

(2019/11/8追記)ネオパルスがついに手の届きやすい価格帯に降りてきました!コスモライトの2kg切りは魅力だけど、コスパを考えるとネオパルスかな?!

コメント