【左右どっち?最前列?】ワイドビューひだ(キハ85) お勧めの席

車両レポート
スポンサーリンク

【2020年更新】キハ85系を用いるワイドビューひだは特急型普通車両のなかでも1,2を争う出来なのではないかと思います。贅沢なシートピッチ、セミハイデッカー&ワイドビュー、絨毯敷きの床とフットレスト。グリーン車顔負けの仕様です。さすがバブルの時期のデビューですね。レビューです。

2020/10/14 周辺情報として撮影スポット・下原八幡神社を追加しました。

2019/9/30 運転台付き車両の画像と説明を追加

2020/3/2 公衆無線LAN・フリーWi-Fi(JR-Central Wi-Fi)の項目は別記事にまとめました。

JR東海キハ85系車両使用 ワイドビューひだでお勧めの座席

JR東海の特急「ワイドビューひだ」は名古屋から富山までを高山線経由で駆け抜ける特急です。

ちょうど南北に縦断する形になるので、山々の景色を楽しむことが出来ますね。特に、下呂温泉や、飛騨高山といった観光地へ行かれる方が多く利用されると思います。

JR東海車両であるキハ85系は、他のJR東海の特急形車両と統一感が持たれています。また、「ワイドビュー」の名前の通り、車内はセミハイデッカー&ワイドな窓、そして高山方面行きの先頭車両は展望の良いつくりとなっています。

画像

「ワイドビューしなの」と同じように、貫通型と非貫通型の二種類があります。

画像

上の画像はこちらは名古屋方面行き上り列車の非貫通型先頭車両。ワイドビューひだは岐阜駅で進行方向が変わるため、最後尾になっています。

最前列の展望座席

非貫通型車両の場合、展望席のようになるというのが、一つの利点です。ひたすら線路を眺めるのが好きな人はいいでしょう。

次の画像はキハ85のものです。つまりグリーン車(キロ84)でなく普通車指定席が当てられている車両のものです。

この席には一つ落とし穴があります。

画像

画像の向かって右側の席の前には、黒い箱状の物体が置かれています。
これが視界を邪魔ししまい、せっかくの展望が台無しです。はっきり言って、景色が良く見えません。
自分は身長172cmなのですが、だめでした。背の高そうな外国の方でも、一生懸命首を伸ばして大変そうだった・・・という目撃談もあります。

画像

上の写真ですと座席前の黒いボックスの存在が良く分かります。最前列の場合は横の窓も狭い感じになります。これはストレスとなりますね。

※他のサイトの画像を見る限り、すべての車両がこうなっているわけではなさそうです。また、グリーン車となっている先頭車に関しては確認していません。

確実な線を狙うならば、運転席の後ろ側といえるかもしれません。この要素を省いたとしても、自分でしたら、最前列ではなく、窓の広い普通の席を狙いますね。景色を楽しむのでしたら、最前列よりも、横からの眺めのほうがよっぽど良いと思います。もし、先頭席を狙っていたものの、取れなかったという方がおられましたら、それ程がっかりしなくても良いのでは?と個人的には思います。

画像

上の画像は右の席から立ち上がって撮ったものです。

いっけん、眺めが良さそうに感じるかも知れませんが、斜め前に見えた良い景色はすぐに過ぎ去ってしまい見えなくなります。見えるのは常に線路、といったイメージに感じるかもしれません。もちろん、それがいいという人もいると思いますが。

画像
パノラマタイプの先頭車最前列。モケットはオレンジ系。

貫通路付き先頭車両

下の写真は普通車貫通路付き車両の最前列からの眺めです。名古屋方面行き上り列車の先頭車両は普通車になりますが、必ずしもパノラマタイプになるとは限りません。ご覧のように眺望が良い、とはいいがたいですが、子供たち、特に男の子でしたらかじりついてみるかもしれませんね。

 

上の写真で注目していただきたいのは右側座席前の窓際。ここにも黒いボックスが置かれています。そのためかなりの視界が妨げられ、眺望が良くありません

 

普通車貫通路付き車両の最前列の様子です。最前列はどうしても足元が狭くなってしまいます。他のシートではシートピッチ1000㎜ある上に座席下のスペースに足を入れられますが、最前列ではそれが出来ません。座席横の窓もご覧のように小さくなってしまいせっかくのワイドビューの恩恵を受けられません。

普通車先頭車両の最前列は正直お勧めしません。

先頭車両のABCD席について

先頭車両の場合、運転台に向かって左からABCDとなる事が多いようです。ですので、高山方面行を基準に先頭車両左からABCDとなりますが、最後尾の車両は高山方面行を基準に左からDCBAとなります。

しかし、注意点があります。キハ85には左からABCDの車両と右からA~、つまりDCBAの順の車両の二種類が存在します。しかも名古屋機関区には転車台があり、頻繁にクルクル入れ替わっています。以前最前列を予約した際には、緑の窓口でABCDの向きを確認して(マルス上で確認できた)購入したにもかかわらず、当日充当されていた車体の向きが逆だった、という事がありました。要注意です。

先頭車の増結車両には要注意です。前出のように、運転台のついた最後尾の車両はABCDが逆になる事が多いのですが、この運転台付き車両が増結されるケースが極めて多いのです。

少し見づらいですが、下の画像をよくご覧ください。

2019/9/30 増結車両画像を追加しました。

運転台付きの車両が4両も増結されています。先頭と最後尾を合わせるとこの編成には運転台付き車両がなんと6両も連結されている事になります。1編成8両中6両が運転台付きとはなかなかのカオス状態ですが、高山線のワイドビューひだではよくある光景です。

もし左右席を確実に狙いたいのでしたら半室グリーン・半室普通車かもしれませんね。

先頭車両を増結するケースが非常に多いため、ABCDの向き(左右どちらか?)はあてにならないと考えるべし。

お勧めの景観、絶景ポイント

高山線は飛騨川沿いに左右交互に行ったり来たりする形で敷設されています。

高山線で特にお勧めしたい絶景スポットは、主に上麻生駅~焼石駅間の川沿いの風景です。特急ではこれらの駅には止まりませんので、美濃太田駅~下呂駅の間と考えてください。

ごつごつとした奇岩群が連なる、飛水峡や中山七里などが有名ですね。この間の眺めはとても良いだけではなく、他ではあまり見られない地形となっています。私が最前列ではなく、横の窓から見た方が良いと勧める理由はここにあります。その中でも、ポイントとなる部分をあげてみましょう。
(以下、すべて下り、高山行き基準で左右どちらかを解説します。)

飛水峡

甌穴が多くみられる奇岩群が約12kmほど続きます。場所としては、上麻生駅を過ぎですぐ、「ああ、山間部に入って来たな」と感じたあたりからです。右側に「ロックガーデン七宗」という道の駅が見えたら、もうすぐ上麻生駅と考えて下さい。

高山行き基準で右側の方が良く見えます。

(2019/4/7追記)飛水峡の画像を追加しました。

上の画像を列車内から見ると下のような感じになります。

《 飛水峡 列車内から撮影 》

(2019/8/24追記:飛水峡の写真を追加しました。)

飛水峡をすぎますと、列車は主に川の東側を走るようになります。それと共に、川沿いで眺めが良いのは左側の席になります。

残念なことにこの場所、今一つ人気がありません。桜の時期などはかなり良いんですけどね。JRにしろ地元七宗町にしろもう少し上手く利用すればよいのに勿体ない。

火道礫岩

火道角礫岩は飛騨金山駅のちょっと手前。具体出来には飛騨川沿いの七宗ダム(水力ダム)の手前左側です。
この地層自体は大変小さく車内から識別できる程のものではないのですが、それに伴って溶岩が冷えて固まったんだろうなと思わせるような地形となっていおり、その一帯がなかなか見ごたえのある地形となっています。かなりマイナーですが、興味のある方は注目してみてください。

火道礫岩が含まれている地層一帯

中山七里

飛騨金山から下呂にかけての区間は中山七里として知られている景観を楽しめます。荒々しい奇岩群が見どころですね。こちらもあまり有名ではありません。いや、名前は知られているのですが車で来るとじっくりと眺める事が難しいので流行ってる感がないだけかも。列車からの車窓の方が良いと思います。

下呂に近づきますとと渓相がだいぶ変わり、広々とした風景になります。

下原八幡神社

神社の境内を線路が横切っているという非常に珍しい場所。場所は岐阜県下呂市金山町内にある「下原八幡神社」。神社自体は下り・下呂/飛騨高山方面を基準に「飛騨金山駅」を出た数分後に右手に見えます。一瞬なのでお見逃しなく。

上の画像、右手から左手に向かって参道があり、先頭車両が差し掛かったあたりに第4種踏切があります。左手が神社本殿になります。

こちらは列車内から見るというよりも、現地を訪れて車外から見た方が良いかもしれません。飛騨金山駅からおよそ2km、歩くと25分程度かかります。ちょうど境内にかかる踏切の横にモミジの木があるため紅葉の時期はいい画が撮れますのでお勧めです。

 

その他、宿泊や地域情報の口コミ

宿泊先としては、天下の三名泉”下呂温泉”や、飛騨高山、さらには奥飛騨温泉郷、平湯温泉などがあります。見どころも多くありますので、楽天トラベルなどで検索してみると良いかもしれません。

ワイドビューひだ内では公衆無線LANが利用できる

ワイドビューひだ車内で公衆無線LANサービス(JR-Central Wi-Fi)が利用できるようになりました。以下のページにまとめてありますのでよろしければご覧ください。

まとめ 左右どちらを選んでも車窓は楽しめる。しいていうなら下り高山方面行の右側

中央線を走るワイドビューしなのとは違い、ワイドビューひだは飛騨川の左右を行ったり来たいしながら高山方面へ上っていきます。一番の見どころと言えば、個人的には上麻生駅を過ぎですぐのところにある飛水峡と飛騨金山から下呂の間の中山七里かな、と思います。ワイドビューひだは繁忙期になるとよく増結するのですが、先頭車両を増結することで知られています。自分が見た限り最高6両が先頭車だった、という事もありました。記事中でも書きましたが、先頭車は左右ABCDが逆パターンがあるため左右の指定買いが難しかったりします。指定席を購入する時には増結車に注意しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました