【Skyexpressでサントリーニ】プロペラ機の加速が凄かった件

飛行機
スポンサーリンク

サントリーニ空港(JTR)からアテネ空港(ATH)間をSkyexpressで移動しました。人生初のプロペラ機です。乗ってびっくり!ものすごい加速!

※あくまで個人の感想です。

プロペラ機の加速が侮れない事を知ったのであえてレビュー

ギリシャ旅行でサントリーニ島を訪れた際、復路にSky expressを利用しました。実はプロペラ機に乗りたくてあえて選んだ航空会社です。”プロペラ機だから加速は大したことないだろうな”と予想していたのですが、予想とは裏腹にものすごい加速で離陸しました。

なおスカイエクスプレスという表記にすると日本の会社がヒットしますので以後英語表記で通します。

使用機材

まずは使用機材です。ATR社のATR 72-500 機体には「SX-THR」とマーキングされていました。Flightradar24の情報によりますと、1998/10以降運用されている機体ですので20年越え選手ですね。

AIRCRAFT ATR 72-500
REGISTRATION SX-THR
TYPECODE AT75
MODE S 46D112
SERIAL No, 563
AIRLINE Sky Express
CODE GQ
AGE 20years(1998 Oct)

ATR 72-500に関するウィキペディアの情報です。

ATR 72はフランスとイタリアの航空機メーカーが合弁事業で興したATR製のターボプロップ双発旅客機である。出典:ウィキペディア

ターボプロップエンジン:プロペラ機といっても、実際にはジェットエンジンでプロペラを回すタイプのようです。プロペラというと個人用のごく小さなレシプロ機を連想しますが、それとは違ってパワーが段違いにあるわけですね。

飛び立つときの加速~飛行機に乗る楽しみの一つ

飛行機が飛び立つときの、あのシートに吸い付けられるような加速、皆さんは好きですか?中にはあれが苦手という人もいるかと思います。自分はというと、好きな方。というよりあの離陸の瞬間を味わいたくて飛行機に乗るようなものです。自分の周りには!”やっぱりあの加速がたまらないよね。”という人が多いですね。離陸後水平飛行に移ったらもう降りてもいい、なんて思います。

そういう訳で、今回のプロペラ機への搭乗を楽しみにしていた訳です。

実際の搭乗~体感では過去一番の加速感だった

さて、実際のところはどうだったかです。

自分たちの乗る予定のGQ343便は30分遅れでの出発した。Sky expressは基本折り返し便だろうなと予想していました。Flightradar24で眺めているとアテネ発サントリーニ行きGQ342便が45分遅れでアテネを出発。案の定目の前を旋回してサントリーニ空港に着陸するのを見た機体がまさにそれでした。到着後すぐ搭乗開始。搭乗終了後すぐにタキシングとなりました。遅れを15分ほど縮めた形です。

さて、離陸です。通常のジェット機とはまた違った、急激なエンジン音の変化とシートに吸い付けられるあの感覚とともにあっという間に離陸してしまいました。ネット上の情報では”ゆっくりゆっくり上がる”、”ジェット機ほどではないけれどまずまず良い加速”などどいわれているのを見ていたのですが。いやいやなんの。凄い加速でした。

今回の旅行で利用した機材で比べてみる

今回の記事の元となった旅行では合計8回飛行機を利用しました。あくまで体感ですが、加速が良かったと感じた順番に並べてみます。なおカッコ内は複数回乗った機体でその回数を示します。

  1. ATR 72-500
  2. Airbus A320-200
  3. Airbus A321-200(2)
  4. Airbus A350-900(3)
  5. BOEING B787-8

往復の長距離線で大型機が4回。短~中距離線で中型機が3回。短距離で小型機が1回でした。小さな機体ほど加速度を感じ、あっという間に飛び立った感覚です。一番ゆっくりに感じたのがB787-8。ヨッコイショという感じ。以前沖縄に行きで乗ったB777でも感じた感覚でした。

Sky express GQ343便の飛行データ

Flightradar24に記録されていた対地速度と高度を分析してみました。地上に近い部分は記録されておらず、260KTS以上のデータしかありませんでしたのであくまで参考値です。

  • Sky express(GQ343) JTR to ATH
  • 記録初め:260KTS(481km/h):高度2515m
  • 最高速度:357KTS(661km/h):高度2393m
  • 平均速度:264KTS(489km/h):高度2525m~777m間
  • 最高高度:3665m

往路(アテネ空港→サントリーニ空港)間で利用したオリンピック航空OA360便(A320-200)を上と同じ条件で比べてみます。

  • Olympic Air(OA360) ATH to JTR
  • 最高速度:418KTS(774km/h):高度5182m
  • 平均速度:273KTS(506km/h):高度2575m~750m間
  • 最高高度:5182m

こうして比べてみるとSky expressのATR 72-500の方がほんの少しゆっくりと、ほんの少し低空を飛ぶことがわかります。

まとめ ギリシャの島々を眺めながらの飛行にプロペラ機は案外お似合い

今回は”加速はどうか”というマニアックな視点でSky expressをレビューしてみました。

調べていて気付いたのは、最初の加速感とは裏腹に、飛んでしまえば普通のジョット機に比べて幾分低空を、幾分ゆっくりと飛ぶという事。ギリシャには沢山の島々がありますからそれらを眺めながらのフライトはさながら遊覧飛行の様で楽しかったです。スカイスキャナーで検索してみますとかなりの便数が飛んでいる事がわかり、地元の足として定着している事を伺わせます。


《ギリシャ・キクラデス諸島 シキノス島》

そういえば、当日直前にサントリーニ行きの航空券をスカイスキャナーで調べていた時、残っていた便の多くがSky expressでした。なぜ調べていたのかはまた後日の記事にて…。

Sky expressは小型機がメインの為荷物の預け入れや機内持ち込みの点で幾分ハンデがありますが、それらがクリアできるようでしたら積極的に選択してみても面白いかもしれないな、と感じました。

コメント