Windows7 32bitプリインストールPCを64bitにしたい。

スポンサーリンク

WindowsXPからWindows7へアップグレードするにあたってOSを32bitから64bitへ変更したい

2014年4月までに、Windows7以上に置き換えねばなりません。現在、EpsonDirectのMR4000  WindowsXPマシンを使っていますが、幸いにしてWindows7のダウングレードとしてのXPマシンのため、Win7のリカバリディスクが付属します。しかし・・・。32bit版でした。これからはやはり64bit版が有利。RAW現像やイラストレーターといった画像系ソフトで使うには64bit版の方が俄然有利。何しろ、メモリを大量に積めますのでね。

MR4000の場合、32bitで使う場合物理メモリの上限は4GB。それ以上積んでもwin7 32bitではおよそ3GBまでしか認識しない為です。一方、win7 64bit版をインストールすると、MR4000の場合はMAX16GBまでOK。せっかくメモリスロットが4本あるんですから、もったいないですね。

そこで思い浮かんだ方法がありました。

  1. Windows7 64bitのISOイメージを入手する
  2. プロダクトIDだけ、今のPCから調べておく
  3. 64bit版をインストール後、調べておいたPIDで認証する

もしこの方法がOKならば安く済みます。

現在のプロダクトIDで64bitをインストールした場合、ライセンスの問題はないか?

インストール用ISOイメージ自体は普通に入手できます。それに、プロダクトID自体はすでに持っているわけです。ただ、32bitから64bitへ変更したいというだけです。できそうな気もしますがやはり時になるのはこの方法で行った場合、ライセンス的にそれはOKなのだろうか、という事。Windows7 ProはDSP版でもそこそこいい値段がします。なので大丈夫かどうか調べました。結果わかった事は・・・。

 

winindows7 32bitプリインストールPCに64bitのWindows7をを入れるには別途ライセンスが必要

 

どうやら、プリインストール機の場合、勝手に32bit⇔64bitを交換する事はライセンス違反のようです。つまり、Windows7(もしくはそれ以降)を買い足さなければならないという事。いやあ、この出費は大きい…。

EpsonDirectの場合、32bit⇔64bitを交換する事が可能!

では、他の手はないかと思い、本家本元、EpsonEirectのサポートページを見ていたら

あるではないですか!

Windows 7 32bit/64bit変更用リカバリーメディアご提供について

 

何と32bit <–> 64bitで入れ替えられるよう、有償でリカバリーディスクを提供してくれるるサービスがありました!メーカーサポートなんて、はなから期待していなかったので、うれしい誤算です。

さすがサポートで定評のあるEpsonDirect!これで本体がもう少し安かったら・・・。因みに、ディスク代が2100円 + 送料525円。申し込みはサポートへ電話し、カード払いの場合即手続き終了でした。その後、サポートから電話があり、「現在在庫切れで入荷に1週間かかる」との事。みなさん、考えることは同じなんですね。

新しいWindows8 ProはDSP版でも18000円前後しますので、かなりの経費節約になります。おかげで、浮いたお金で、メモリが買えました。それにしてもメモリ価格は株価並みに乱高下しますね。今ではDDR3の価格が1年前の約2倍。

今回の方法はEpsonDirectのみの方法です。もしかすると他のメーカーも同じようなサービスを行っているかもしれません。一度調べてみてはいかがでしょうか。

 

 

コメント